微分方程式による計算科学入門

Front Cover
共立出版, 2004 - 213 pages
計算科学のなかで大きな比重を占める常微分方程式、すなわち独立変数が一つである微分方程式について、数値シミュレーションの方法を、入門レベルからやや高度なレベルまで通論。叙述はできるだけ平易を心がけ、例・図・表を通じて理解ができるよう、またC言語によるプログラムを掲載し、計算科学の規模の小さい問題にはすぐ適用して結果が検討できるようにした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information