ケアリングの現在: 倫理・教育・看護・福祉の境界を越えて

Front Cover
中野啓明, 伊藤博美, 立山善康
晃洋書房, 2006 - 219 pages
「21世紀はケアの時代である」と言われる。本書は様々な分野の専門家が、ケアする行為をテーマに一堂に会してまとめた学際的な論文集でありケアの倫理を手がかりにして、現代の動向を眺望し今後のケアが変える社会を展望した見取り図である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information