存在と無: 現象学的存在論の試み, Volume 1

Front Cover
人文書院, May 25, 1999 - 596 pages
“現象学的存在論”の驚くばかりの精緻な試み―。サルトル=アンガージュマンの哲学という時代が完全に去った今も、ますますの輝きと重要度を増す大著『存在と無』―。存在という超越的な価値の転倒を企て、それにまつわる神聖感の虚妄をあばきだした、サルトル哲学理解への不可欠の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information