アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門

Front Cover
共立出版, 2006 - 229 pages
本書の目的は、読者にアルゴリズム研究の楽しさを伝えることである。アルゴリズムを考える楽しさは試行錯誤にある。どんなにすばらしいと思えるアルゴリズムが得られても、けっして満足することなく、何か改良すべきことがないかどうかを探し続けるのが、アルゴリズム研究の真髄である。本書は、新たに建設された興味深いアルゴリズム分野を紹介する「数理技法編」の入門書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information