微積分入門

Front Cover
筑摩書房, Oct 10, 2015 - 209 pages
微積分は高校数学のクライマックス。マスターすれば数学の世界はぐんと広がるけれど、ここでつまずいてしまう人も少なくない。それは「平均変化率」とは「極限値」とか、馴染みのない概念がいきなり登場するからだ。本書で著者ソーヤーが強調するのは、微積分の考え方はもともと単純な疑問から自然に生じたということ、そして計算や公式の意味をきちんと理解するのが大事だということ。そのような心がけでのぞめば、limや∫などの記号を使わなくても微積分のココロは十分にわかるはず。こまやかな教育的配慮の行き届いた、定評ある入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information