トピカ

Front Cover
京都大学学術出版会, 2007 - 438 pages
『トピカ』は、6つあるアリストテレスの論理学書のうち、弁証術(ディアレクティケー)を学問的に確立した著作である。あらゆる分野において意見の分かれる問題や前提に関わりながら、それに対応するさまざまな論理様式を吟味し検討する。その意味においてあらゆる学の原理的命題へ通じる道を拓いてくれる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information