戦争の記憶をどう継承するのか: 広島・長崎・沖縄からの提言

Front Cover
沖縄大学地域研究所, 沖縄大学. 地域研究所
芙蓉書房出版, 2012 - Collective memory - 209 pages
広島では世界へ向けての発信は成功したが、次世代への教育の問題が課題。長崎への原爆投下は真珠湾攻撃の魚雷製造工場への報復か。被爆した浦上天主堂はなぜ取り壊されたか。沖縄戦の遺骨は何を語りかけているか。大被害を被った3つの都市からの重要な問題提起。広島修道大学との二元中継(2009年)、広島修道大学・長崎大学と三元中継(2010年)で開催した沖縄大学地域研究所主催の土曜講座「沖縄戦は終わらない」のまとめ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information