自由の限界: 世界の知性21人が問う国家と民主主義

Front Cover
鶴原徹也
中央公論新社, 2021 - 318 pages
エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、マルクス・ガブリエル、マハティール・モハマド、ユヴァル・ノア・ハラリ...。世界を代表する知性21人は混迷を深める世界と人類の明日をどう見るだろうか。民主主義のあり方も、ポピュリズムの解釈も、米中の覇権競争の行方も、グローバリズムの帰趨も、いずれも答えは一つではない。そして、一つではないからこそ、耳を傾ける価値があり、考える価値があるのだ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information