いじめ社会の子どもたち

Front Cover
講談社, Nov 15, 1998 - Child abuse - 311 pages
なぜ、こうも子どもの悲惨な事件が続くのか。「神戸少年事件」、いじめ自殺、学校の荒廃―これらの背景には何があるのか。押しこめられた子どもたちの行動や悲痛な叫びをリアルにつかみ、日本型管理によるいじめ社会の歪んだ構造を告発する。現場を歩き、その重い意味を鋭く問う緊急ルポ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information