労働時間短縮: その構造と理論

Front Cover
御茶の水書房, Jul 20, 1998 - Hours of labor - 194 pages
人間性の回復と労働時間の理念。1960年代から80年代までの時短経過と構造を分析し、労働時間の理念的・理論的位置づけを展開することによって今日的課題を提起する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information