この愛のゆくえ: ポケットアンソロジー

Front Cover
中村邦生
岩波書店, 2011 - Love in literature - 503 pages
愛といっても種々様々。作家たちはそれぞれの視角から愛に光を当て、愛の諸相を垣間見させてくれる。カルヴィーノ、坂口安吾、プラトーノフ、岡本かの子、ユルスナール、三島由紀夫、R・ギャリ、吉田知子、D・レッシングなど、粒選りの二六篇が交錯する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information