現代韓国の地方自治

Front Cover
法政大学出版局, 2007 - Local government - 354 pages
韓国の地方自治は、朝鮮戦争期の1952年に施行された。しかし、1961年軍事クーデターにより朴正熙政権が成立するや地方自治制度は停止され、1991年に地方議会議員選挙が実施されて制度的に復活するまで30年の空白を経験した。本書は、そうした試練・曲折の過程を2005~06年の法改正までを含めて展望し、韓国地方自治の意義と本質、国家と地方自治体との関係、自治体の構造と組織、区域の現況と改編、自治体の行政と財政などを概観・考察する。また、“広域行政”と“住民参加”、“分権化”と“均衡発展”および今後の方向を展望する。付・韓国地方自治法。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information