ベースボールの夢: アメリカ人は何をはじめたのか

Front Cover
岩波書店, Aug 21, 2007 - 220 pages
二〇世紀資本主義への転換期、開拓フロンティアの消滅や都市の時代の始まりを背景として、ベースボールは成立した。当時、衰退の波にさらされていたミドルクラス・白人男性の「夢」として、数々の神話や幻想を織り込みながらつくられた、壮大なスペクタクル。アメリカ人はそこに何を託したのか?豊富な図版とともに読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information