日本人反戦兵士と日中戦争: 重慶国民政府地域の捕虜収容所と関連させて

Front Cover
御茶の水書房, May 28, 2003 - Prisoners of war - 483 pages
元日本人反戦兵士へのインタビューと膨大な史料調査により、空白の多い国民党側での反戦運動、収容所の実態、捕虜の動向と反戦学習、及びその歴史的な意義と限界を構造的に解明する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information