ヴァリス

Front Cover
早川書房, May 15, 2014 - 430 pages
友人グロリアの自殺をきっかけにして、作家ホースラヴァー・ファットの日常は狂い始める。麻薬におぼれ、孤独に落ち込むファットは、ピンク色の光線を脳内に照射され、ある重要な情報を知った。それを神の啓示と捉えた彼は、日誌に記録し友人らと神学談義に耽るようになる。さらに自らの妄想と一致する謎めいた映画『ヴァリス』に出会ったファットは...。ディック自身の神秘体験をもとに書かれた最大の問題作、新訳版!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information