APLS小児救急学習用テキスト

Front Cover
診断と治療社, 2006 - 759 pages
本書は、その内容の面から、またコースのカバーする範囲からみて、飛躍的な進歩を遂げた。本来のコースは、普段小児の救急患者に接する機会が少ない医師に対し、小児救急の基本的要素を教えることを目的としていたが、今回は研修医から指導医クラスの医師までを対象に、小児救急に関する信頼できる情報源となることを試みている。第4版で広げられた範囲は、APLS運営委員会の使命として掲げられた目標にほぼ到達するものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information