父親になる、父親をする: 家族心理学の視点から

Front Cover
岩波書店, Jun 7, 2011 - 71 pages
いま、育児に熱心な男性=「イクメン」が注目されている。しかし実際には、「イクメン」は依然として少数派にすぎず、父親の役割に関する社会の誤解や思いこみも多い。そもそも父親とは何なのか。父親による育児はなぜ必要なのか。父親をすることが家族や男性自身にもたらす意義とは。家族心理学の豊富な研究成果をもとに考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information