「移動する子どもたち」のことばの教育を創造する: ESL教育とJSL教育の共振

Front Cover
川上郁雄, 石井恵理子, 池上摩希子
ココ出版, 2009 - Children - 341 pages
国境を越えて移動する人々が地球規模で増加する中、日本においても「移動する子どもたち(Children Crossing Borders)」への教育を整備することが、喫緊の課題となっている。多様な背景をもつ子どもたちが、日本社会で疎外されることなく、力強く生きていくための「ことばの力」を育てなければならない。JSL(Japanese as a Second Language)教育の研究者として最前線でこの課題に取り組んできた編者たちが、オーストラリアにおけるESL(English as a Second Language)教育の理論と実践、異領域の専門家との対話を通して、新たな「ことばの教育」の理念と方法を模索する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information