民主主義の源流: 古代アテネの実験

Front Cover
講談社, Jan 8, 2016 - 281 pages
現在の民主主義の源流は、二五〇〇年前のアテネにある。独裁者の出現を最も警戒した市民は、試行錯誤を重ねて徹底した直接民主政を創り上げた。民会で苛酷な罰を受けたペルシア戦争の英雄、ミルティアデス。ソクラテス、プラトンの民衆裁判への敵意と侮蔑。時に理想視され、あるいは衆愚政として否定された「参加と責任のシステム」の実態を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information