サバルタンは語ることができるか

Front Cover
みすず書房, 1998 - 145 pages
フェミニズムとポストコロニアルの問題圏の交差点に定位しつつ、サバルタンの女性と知識人のあり方をめぐって展開される目眩く筆致。従属的地位にあるサバルタンの女性について、知識人は語ることができるのか、フーコーやドゥルーズを批判しながら、一方でインドの寡婦殉死の慣習を詳細に検討した、現代思想の到達地平。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information