文学史の古今和歌集

Front Cover
森正人, 鈴木元
和泉書院, 2007 - Japanese poetry - 264 pages
古今和歌集は成立以来、歌集の規範となり、文学のみならず文化の源泉であり続けた。古今和歌集はどのような文学伝統を継承し、いかなる言葉の世界を織りなしているのか。どのように読み継がれ、享受され、古典となり得たのか。文学史としての古今和歌集をテーマに9人の気鋭の研究者が新見を交えて平易に説き明かす。永青文庫の地で催された「古今和歌集1100年熊本フォーラム」の成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information