残穢

Front Cover
新潮社, 2015 - Apartment houses - 359 pages
この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が...。だから、人が居着かないのか。何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる。かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は「穢れ」となり、感染は拡大するというのだが―山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!

What people are saying - Write a review

Review: 残穢 (新潮文庫)

User Review  - indigo3250 - Booklog

2016.7.9 Read full review

Review: 残穢 (新潮文庫)

User Review  - 小春 - Booklog

2016 1/15 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information