情報と戦争: 古代からナポレオン戦争、南北戦争、二度の世界大戦、現代まで

Front Cover
中央公論新社, 2018 - 473 pages
錯誤・漏洩・捏造。有史以来の情報戦の実態と無線電信発明以降の戦争の変化を分析、諜報活動と戦闘の結果の因果関係を検証し、インテリジェンスの有効性について考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information