遺伝的アルゴリズム: その理論と先端的手法

Front Cover
森北出版, 2008 - 147 pages
本書では、遺伝的アルゴリズムを使用するにあたって、その成功と失敗を分けるのはどのようなことなのか、また、遺伝的アルゴリズムの性能を向上させるためにはどのようにパラメータを設定するとよいのか、さらには遺伝的アルゴリズムを改良し、さらに高度な探索能力を有するアルゴリズムを開発するためにはどのような方針で望むとよいのか、についてこれまでの研究成果を紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information