クラシックを読む3 天才が最後に見た世界

Front Cover
祥伝社, 2021 - 288 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「天才が最後に見た世界」を追体験

天才作曲家たちは時に苛酷な運命に抗い、光り輝く才能を発揮した。
彼らの多くは、晩年に傑作を遺している。ヴァーグナーの麻薬的オペラ「ヴァルキューレ」、
シューベルトの悲しくも激しい「弦楽四重奏曲第14番《死と乙女》」、
モーツァルトの謎に満ちた「レクイエム」、ベートーヴェン最晩年の「後期弦楽四重奏曲」、
クラシック音楽の黄昏を象徴するリヒャルト・シュトラウスの「四つの最後の歌」など。
彼らが人生最後に到達した境地はいかなるものか――。
名曲と共に追体験する。

※本書は、『至高の音楽』『この名曲が凄すぎる』『クラシック天才たちの到達点』
(いずれもPHP研究所刊)をテーマごとに再構成したうちの第3巻です(全3巻)。
刊行にあたっては、新原稿を含む大幅な加筆・修正を行なっています。

(以下、目次)
第一章光り輝く才能
第二章運命に抗う
第三章天才が最後に見た世界

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information