憲法解釈権力

Front Cover
勁草書房, 2020 - 310 pages
憲法改正をめぐる議論は多い。だが本来ならばそれと腑分けし、展開すべき憲法解釈の議論をどれだけ重ねてきただろうか。権力が憲法に拘束される構造を徹底的に分析し、「憲法解釈権力」という新たな視座から迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information