ボルヘス怪奇譚集

Front Cover
中国の妖怪物語。セイロンの人喰い鬼伝説。アラビアンナイト。そして、カフカやポーの掌篇...。20世紀文学に屹立する「迷宮の作家」ボルヘスが、東西古今の膨大な書物を渉猟、その博識博捜のかぎりをつくして選びぬいた、世にも不思議な怪奇譚のかずかず。「物語の精髄は本書の小品のなかにある」―92篇からなるユーモアと幻惑のアンソロジー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information