戦国武将の手紙を読む: 浮かびあがる人間模様

Front Cover
中央公論新社, 2010 - Bushi / jlabsh/4 - 247 pages
戦国の武将たちは筆まめだった。合戦の前には各地の武将を味方につけようと調略の手紙を出し、平時にも年貢の取り立てや金の輸送などについて指示を出す。子どもの手習いを褒める手紙もあれば、兄弟相和すようにさとす家訓も書く。そして、死を覚悟した文面からは武将の心奥を覗くことができる。代表的な戦国武将の手紙二〇通を取り上げ、原文・翻刻・現代語訳をのせ、文章の内容や時代背景を解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information