オックスフォードからの警鐘: グローバル化時代の大学論

Front Cover
中央公論新社, 2017 - Education, Higher - 229 pages
ワールドクラスの大学は「ヒト・モノ・カネ」をグローバルに調達する競争と評価を繰り広げている。水をあけられた日本は、国をあげて世界大学ランキングの上位をめざし始めた。だが、イギリスの内部事情を知る著者によれば、ランキングの目的は英米が外貨を獲得するためであり、日本はまんまとその「罠」にはまっているのだという―日本の大学改革は正しいのか?真にめざすべき道は何か?彼我の違いを探り、我らの強みを分析する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information