戦国乱世から太平の世へ: シリーズ日本近世史 1

Front Cover
岩波書店, 2015 - Japan - 258 pages
信長入京前夜から家光の死去まで、約百年の通史をたどる。「天下」をめぐる争いとして描かれることの多い時代。だが改めて、当時「天下」の語は、どのような意味を持っていたか?同じく「戦国」「乱世」「太平」とは?徹底した史料の読み込みから確かな歴史像を求め、近世の“実像”を語る、待望のシリーズ第一巻!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information