出羽三山: 山岳信仰の歴史を歩く

Front Cover
岩波書店, 2017 - Mountain worship - 219 pages
近畿の大峰山、九州の英彦山とならぶ修験道の聖地、羽黒山。「雲の峰幾つ崩て月の山」と芭蕉が詠んだ主峰、月山。古来より「語るなかれ聞くなかれ」と伝えられる、湯殿山。信仰の山としての長いあゆみと、今も各地に息づく多様な宗教民俗、そして名所・旧跡を解説。人々を惹きつけてやまない“お山”の歴史と文化を案内する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information