統合原理としての国語: 近代日本言語史再校 III

Front Cover
三元社, 2006 - Japanese language - 372 pages
繰り返し立ち上げられる「ナショナリズム」を胚胎する「国語」「日本語」へのポピュリズム的言説。それらをいまいちど、「近代日本言語史」(近代国民国家日本の形成過程とその帝国的展開のなかで言語がはたした役割)に配置し、その前提を明らかにするとともに、それらを支えてきた「学」のありよう、「研究者」のありようを問い直していく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information