ダークレディと呼ばれて: 二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実

Front Cover
化学同人, Aug 10, 2005 - 438 pages
20世紀最大の科学的発見であるDNA二重らせん構造。その解明に貢献しながら正当に評価されず、若くしてこの世を去ったロザリンド・フランクリン。彼女の生涯を鮮やかに描き出し、二重らせん発見のドラマに新たな光を当てる決定的伝記。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information