個体化の哲学: 形相と情報の概念を手がかりに

Front Cover
法政大学出版局, 2018 - 638 pages
いま世界的に注目される哲学者シモンドンの主著。フランス科学認識論の系譜にあり、ドゥルーズやスティグレールに多大な影響をもたらした大著の主論文が初邦訳。物理学、生物学、情報科学等の多様な事例に基づいて伝統的な「個体とは何か」という哲学的問いを革新し、「認識論および存在論に先立つ真の第一哲学」としての個体発生の知に迫る。技術と生命をめぐる未来の哲学の序章。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information