シャーマンズボディ: 心身の健康・人間関係・コミュニティを変容させる新しいシャーマニズム

Front Cover
コスモスライブラリー, Aug 7, 2001 - 305 pages
プロセス指向心理学(POP)の創始者アーノルド・ミンデルは、アフリカ、日本、インドでのシャーマニズム体験から学んだ“シャーマンズボディ”(または“ドリーミングボディ”)の意義と重要性に様々な角度から迫り、われわれがそれと結びつくことが健康や精神的な成長、豊かな人間関係や深い共同体感覚をもたらすと言う。そこで、一般の人々がシャーマンズボディに結びつくための実際的な方法と、夢や身体の問題に対処するための具体的な方法としてのインナーワークを、「エクササイズ」として提示。さらにこうしたワークや新しいシャーマニズムが現在の世界にどのような影響を持つかを、国際紛争解決のための「ワールドワーク」などに言及しつつ、わかりやすく解説している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information