ノー・タイム・トゥ・ルーズ: エボラとエイズと国際政治

Front Cover
慶應義塾大学出版会, Mar 30, 2015 - 464 pages
エボラウイルスの発見者、ピーター・ピオット氏の回顧録。HIV感染症対策の最前線に立ち続け、国際政治に翻弄されながらも、闘い続けた日々。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information