中世の文化と場

Front Cover
鈴木博之, 石山修武, 伊藤毅
東京大学出版会, 2006 - Architecture - 293 pages
躍動の時代―活気と魅力にあふれる空間の創出。古琉球の禅宗寺院からイタリアの海洋都市まで―14‐16世紀、人やモノが行き交う場が次々に生まれ、制度・政治に縛られない自由な文化が花開く。「建築・都市」から歴史を読み直す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information