日本の安全保障と基地問題: 平和のうちに安全に生きる権利

Front Cover
日本弁護士連合会
明石書店, 1998 - Japan - 463 pages
「平和のうちに安全に生きる権利」は、平和主義を根本原則とする憲法が国民に保障する基本的人権である。しかし、これを否定するかにみえる現象も少なくない。本書では、人権の観点から安全保障を見直したらどうなるか、国益とは何か、それは人権とどのように関わっているか等の諸問題を、国民主権の立場に立って明らかにした。「平和のうちに安全に生きる権利」第40回日弁連人権擁護大会シンポジウム報告書。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information