ナショナリズムとジェンダー

Front Cover
青土社, 1998 - Feminism - 229 pages
戦時総動員体制、女性の戦争協力、そして「従軍慰安婦」問題―再審される戦争の記憶を問い、ジェンダーの視点から『想像の共同体=国民国家』の解体を企てる、言説の闘争への大胆な参入。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information