まとまりの景観デザイン: 形の規制誘導から関係性の作法へ

Front Cover
学芸出版社, 2008 - 238 pages
建物や敷地単位のデザイン規制だけでは、景観はよくならない。大事なのは地域を読み、周辺との関係を紡ぎ出すこと。変化を前提としたうえで、つなぐ計画、まとまりのデザイン、協議のしくみ、景観法の活かし方を説く。ふつうのまちの景観づくり。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information