場面緘黙支援の最前線: 家族と支援者の連携をめざして

Front Cover
ベニータ・レイ・スミス, アリス・スルーキン
学苑社, 2017 - 283 pages
家族・教師・専門家がそれぞれの知識や専門性を活かして連携するために。場面緘黙児は非常に多様な状態を示し、症状の背景要因も千差万別であるため、さまざまな専門領域による支援法の模索や研究、そして連携が必要である。本書は、場面緘黙における最新の海外研究結果を踏まえ、最も効果的な支援の方向性を示した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information