白い果実

Front Cover
国書刊行会, 2004 - 349 pages
悪夢のような理想形態都市を支配する独裁者の命令を受け、観相官クレイは盗まれた奇跡の白い果実を捜すため属領アナマソビアへと赴く。待ち受けるものは青い鉱石と化す鉱夫たち、奇怪な神を祀る聖教会、そして僻地の町でただひとり観相学を学ぶ美しい娘...世界幻想文学大賞受賞の話題作を山尾悠子の翻訳でおくる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information