活力ある産業経済モデルへの挑戦: 日本の産業政策、回顧と展望

Front Cover
日経BP企画, Jul 5, 2004 - 185 pages
21世紀の新境地を拓くのは「SMILE」技術、つまりSystem(システム)、Material(素材)、Information & Communication(情報通信)、Life Science(生命科学)、Environment(環境)である。それらが花開くことによって、市場機能の最適化が実現され、人間力が十分に発揮できる条件を備えた産業経済モデルを構築することができる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information