インターネットの法と慣習: かなり奇妙な法学入門

Front Cover
ソフトバンククリエイティブ, 2006 - 211 pages
日々、変化するインターネット社会において、その枠組みとなる法をどのように捉えればいいのか?情報法のエキスパートが、軽妙かつ明快に法とネットについて徹底解説。歴史的な背景も踏まえた、スリリングな論考から現在の諸問題が次々に浮き彫りにされていく。インターネット社会に関わる人にとって必携の一冊である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information