越境のアヴァンギャルド

Front Cover
NTT出版, 2005 - Art and society - 324 pages
「日本のアヴァンギャルド」とは何か。映画、絵画、写真、文学などの分野で変容を遂げたアヴァンギャルド概念に注目し、日本、満洲を含む「東洋」で生じていた文化的アイデンティティの葛藤を明らかにするダイナミックな昭和文化論。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information