疲れすぎて眠れぬ夜のために

Front Cover
角川書店, 2007 - Literary Collections - 270 pages
疲れるのは健全である徴。病気になるのは生きている証。サクセスモデルへの幻想を棄てて、「1ランク下の自分」を目指しませんか? ささやかなことで「幸せ」になれるのは1つの能力です。まずは身体の内側から発信される信号を聴き取ること。真の利己主義を目指すこと。礼儀作法と型で身を守ること。家族の愛情至上主義をやめること──。今最も信頼できる哲学者が、日本人の身体文化の原点に立ち帰って提案する、最強の幸福論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2007)

内田 樹

Bibliographic information