最適規制: 公共料金入門

Front Cover
文眞堂, 1998 - 386 pages
米国規制経済学の第一人者による「公共料金と規制」問題の決定版!欧米に遅れること数十年のわが国日本にとり、規制緩和の流れのなか、公共料金に対する政府の在り方とは何か、を知りうる価値の大きな一書。解説は明快・直観的にして容易に理解可能であり、多くの識者の絶賛の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information