友情の文学誌

Front Cover
岩波書店, Mar 19, 2001 - Authors, Japanese - 225 pages
文学者へ成長する漱石と子規。鴎外が遺書筆録を託した賀古鶴所。「近さ」からドラマを生んだ芥川たち。志賀直哉ら師を持たない白樺派の世代。漢詩の世界、ギリシア・ローマ以来の言説にも目を配りながら、遭遇、切磋、別離など交流の綾を読み、日本近代文学の重要な局面をたどって、教養・信頼が育つ人間関係の空間をみつめる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information