芭蕉の風雅: あるいは虚と実について

Front Cover
筑摩書房, 2015 - Aesthetics, Japanese - 237 pages
古池の一句で蕉風を揺るぎないものとし、「おくのほそ道」において「かるみ」という人生観に至った芭蕉はその後、さらに高く飛翔して風雅の世界に遊ぶ。芭蕉にとって風雅とは、いかなる境地であったのか。みずからの真骨頂と自負した蕉門歌仙を深くたずね、「虚に居て実をおこなふ」芭蕉の核心に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information