社会学とは何か: 意味世界への探究

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2011 - Sociology - 288 pages
一九世紀半ばの創設以来、時代が抱える課題を引き受けて発展してきた社会学は、近代化や産業化、階級や社会変動による劇的な変化をうけて大きく変容している。本書は、社会を人々の「意味世界」として存在するものとし、社会学のあるべき姿を探究するとともに、社会とはいかなるものかを検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information